ヘルプセンターHelpCenter

フォローする

ユーザーをOneLoginへ招待する(一括送信)

管理者がOneLoginへ登録したユーザーを、OneLoginに招待するとき「招待メール」を利用することができます。招待メールは、OneLoginからエンドユーザーに直接送信され、エンドユーザーは届いたメールからOneLoginにログインするためのパスワードを設定したり、自社のOneLoginのサービスURLなどを確認することができます。

 

*招待メールに含まれるパスワード設定用URLの有効期限は送信後24時間です。24時間を経過した場合は、再度管理者より招待メールを送信する必要がございます。

 

この記事では、特定の条件に合致するユーザーへ一括して招待メールを送信する方法をご紹介します

⇛個別送信の方法はこちら

 

① OneLogin の管理者(super user など)で OneLogin にログインしたら、ヘッダーメニューの右側にある「管理」をクリックして管理画面に移動しますadministration.png

 

② ヘッダーメニューの中から 「Users」 にマウスを当て、「Users」 というサブメニューを開きます

users.png

 

③ 「More Actions」のプルダウンから「Bulk operations」をクリックします

invite02.png

 

④ 画面下部の Operations のプルダウンをスクロールし、「Send invitation」を選択します

invite_03.png

 

(例1)新規作成し、まだ一度も OneLogin にログインしていないユーザー全員に招待メールを送信

「-- select status --」より、「Never logged in」を選択します

invite_04-2.png

 

(例2)グループ全員に招待メールを送信

「-- select group --」より招待メール(例: 営業部)を送信したいグループを選択します

invite_05.png

 

⑤ Include Users を設定すると、操作対象のユーザーが Total Users に表示されます 

    設定が完了したら「Continue」をクリックします

invite_06.png

 

⑥ 下記のような画面が表示されるので、「Continue」をクリックします

invite_07.png

 

⑦ メールの送信状況は、Activity > Jobs から確認できます

invite8.png

 

以上の設定により、 OneLogin への招待メールをユーザーに一括で送信することができます

 

3. 招待メールのイメージ

ペンティオでは、OneLoginで設定されている簡素な英語テンプレートから日本語向けテンプレートへカスタマイズして環境を提供しております。招待メールは次のように送信されます。

OneLogin環境に設定されている情報を元に、会社名、サブドメイン、ユーザー氏名、ユーザーメールアドレス、署名等は自動的に挿入されます。

onelogin-invite-email2.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント