管理者サポート

フォローする

OneLoginのサポート環境

最終更新: 2018/10/02

この記事では、OneLoginがサポートするウェブブラウザ、モバイルプラットフォーム、およびサーバー等のハードウェア最小要件を公開しております。

また同時に、Active Directory Connector (ADCコネクタ) 、Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) コネクタ、OneLoginがサポートする主要な認証方式、プロビジョニングプロトコルを掲載しております。

 

ADC ハードウェア要件

■Active Directory Connector 5 (現在のバージョン)

  • Windows Server 2008 R2 以上(v5.0.20以上)
    ※v5.0.20未満ではWindows Server 2012 R2以上のみ対応
  • .NET Framework 4.5.1 以上
  • Pentium 4 プロセッサー以上
  • 512 MB 以上のRAM
  • 120 MB 以上のHDD空き容量
  • アウトバンド TCPポート 443 の通信許可(FW)
    ▶通信先IPレンジについてはこちらをご確認ください。
    ※日本のお客様は北米リージョンとなります
  • (オプション)Desktop SSO利用者のみ
    インバウンド TCPポート 8080(ほかポート番号は自由)の通信許可(サーバー)
    ※Desktop SSOを利用する場合のみ、統合Windows認証を利用するためイントラネット内クライアントPCから特定ポートのインバウンド通信を許可する必要があります

■Active Directory Connector 4(終了予定)

※OneLoginは2018年9月1日をもちまして Active Directory Connector におけるTLS1.0のサポートを終了いたします。同日以降、Active Directory Connector 4はご利用いただけなくなります。

詳細はこちらの記事(契約者専用)を御覧ください
https://support.onelogin.jp/hc/ja/articles/205781096

  • Windows Server 2008+, 2012+. (コア エディションは現在サポートされておりませんが、サービスのインストールは可能です).
  • .NET Framework 3.5 (これ以外のバージョンは非対応)
  • Pentium 4 プロセッサー以上
  • 512 MB 以上のRAM
  • 120 MB 以上のHDD空き容量
  • アウトバンド TCPポート 443

 

LDAP Connector ハードウェア要件

  • 1 GHz 32-bit (x86) 又は 64-bit (x64) Pentium4 プロセッサー以上
  • 2 GB 以上のRAM 
  • 1 GB 以上の空き容量 (出力ログ含む)
  • Java ランタイム (JRE) 8
  • Java Cryptography Extension (JCE) の無制限強度の管轄ポリシーファイル

    OneLogin LDAP コネクタはJRE標準のセキュリティポリシを使用しませんので、下記URLよりダウンロードしてご利用ください。JCEのインストール方法はリンク先でダウンロードできるReadmeファイルをお読み下さい。
    http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jce8-download-2133166.html

    参考)http://qiita.com/mizuki_takahashi/items/cc26a7fd51aa04396e92

 

OneLogin Desktop システム要件

■Mac Desktop(v2系 / v3系)

  • Mac OS X 10.11 以上
  • Active Directory / Azure ADに参加していない端末(v3.0 Basicは除く)
  • 最新版のSafari、Chromeブラウザ
  • iCloud連携をしていないローカルアカウント(※インストール時のみ連携を解除すればご利用可能です)

■Windows Desktop(v2系)

  • Windows 10 (64bit版)
  • Active Directory / Azure ADに参加していない端末
  • 最新版のInternet Explorer、Edge、Chromeブラウザ
    ※Desktop for Windows 1.0は2017年8月14日を持ちましてサポート終了となりました。

 

RADIUS 要件

RADIUSプライマリサーバー radius.us.onelogin.com
(52.34.255.206)
RADIUSセカンダリサーバー radius2.us.onelogin.com
(18.216.23.112)
認証スキーマ
  • PAP または EAP-TTLS/PAP
  • EAP-PEAP/MS-CHAPv2(対応予定)
RADIUSポート UDP/1812
シークレットキー OneLogin RADIUS設定画面内で任意の値を設定可能

※2018年6月18日より上記IPアドレスへと変更されました。以前のIPアドレスはお知らせからご確認頂けます。

※RADIUS認証ではOTP認証が併用可能です。

 

モバイルOS

  iOS Android
アプリ ・Mobile
・Protect
・Mobile
・Protect
OS要件 (Protect/OTP) iOS 9.0 以上 Android 4.4 以上
OS要件 (Mobile) iOS 9.0 以上 Android 4.4 以上
デバイス iPhone 5 以上 (iPad, iPod touch 含む) Android 4.4 以上のOSを搭載する全てのデバイス

 

Webブラウザ

補足: OneLoginは通常、現代のあらゆるブラウザでご利用いただけますが、下記要件はOneLoginエクステンション(ブラウザ拡張機能)のインストール要件も含んでいます。

※いずれのブラウザもTLS1.1/1.2以上の対応が必要です。

■Chrome

下記プラットフォーム向け最新版に対応/最適化

  • Windows
  • macOS

最小バージョン: Chrome 54

■Firefox

下記プラットフォーム向け最新版に対応/最適化

  • Windows
  • macOS

最小バージョン: Firefox 50

■Safari

下記プラットフォーム向け最新版に対応/最適化

  • macOS

最小バージョン: Safari 10.1

■Internet Explorer

  • IE 11

■Edge

最小バージョン: 39.14901 以上

 

プロトコル/準拠

      • SAML 1.1 and 2.0
      • WS-Federation 2005
      • SCIM 1.1 and 2.0
      • OAuth 1.0 and 2.0
      • OpenID コネクト 1.0
      • JSON ウェブトークン (JWT)
      • 統合Windows認証 (IWA)

 

※本記事は米国OneLoginの公開情報を日本語に翻訳しております。日本語訳と英語版の内容が異なる場合、英語版の内容が優先されます。

英語記事:https://support.onelogin.com/hc/en-us/articles/203601134

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント