[重要なお知らせ] 2019年11月29日(金)にOneLoginは新しいログイン画面へと切り替わります (ご契約者様専用記事)


管理者サポート

フォローする

Active Directory / LDAP 連携ご利用のお客さまへ

OneLoginと下記サービスにてディレクトリ連携機能をご利用のお客さまにご案内です。

 

■OneLogin 対象プラン

すべてのプラン(Starter, Enterprise, Unlimited)

 

■ユーザーディレクトリ 対象サービス

  • Microsoft Windows ActiveDirectory
  • LDAP
  • Google Apps Directory

 

■ご案内

Active Directory、LDAP、Google Apps Directory と OneLogin を連携されている場合、

  • ユーザーが OneLogin にログインするとき
  • ユーザー同期を実行するとき

に各サービスと通信を行います。

 

何らかの理由でこの通信に失敗すると、ユーザーが OneLogin へログインできなくなることや、ユーザーが正常に同期されなくなることがあります。ユーザーエクスペリエンスを保つためにも、AD / LDAP / Google Apps Directory とユーザー同期されているお客さまは、下記機能をご活用ください。

 

■Directory fallback password cache 機能

この機能は、システムメンテナンス・通信回線の不具合・ディレクトリサーバーダウンなど、いかなる場合においても OneLogin へ正常にログインできるよう調整するものです。

この機能を有効化すると、ユーザーが最後にログインした際のディレクトリパスワードが OneLogin に安全にキャシュされます。AD / LDAP / Google Apps Directory と正常に通信出来ない場合に限り、ユーザーが入力したパスワードとOneLogin にキャッシュされたパスワードを照合し、一致した場合はディレクトリによる認証を利用せず OneLogin へのログインを実現します。

 

■設定方法

  1. OneLogin に Account Owner でログインする
  2. 管理メニュー SETTINGS > Account Settings を開く
  3. Basicタブを開き、ページをスクロールする
    Password Controls > directory fallback password cache にチェックをいれる

以上で設定は完了です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント