管理者サポート

フォローする

2015年に追加された新機能

このページでは2015年にOneLoginに追加された主要な機能や強化された機能をご紹介します。

 

★Office 365のリッチクライアントアプリに対応!

 2015年5月頃まではOffice 365リッチクライアントアプリ、Office 2013のWordやExcelでのログインに対応しておりませんでしたが、Microsoft側の仕様変更に伴いOneLoginとOffice 365をWS-Federation連携させた時でもSSOを実現しました。これに伴い、IPアドレス制限・ワンタイムパスワード認証・PKI証明書などによる二要素認証をOffice 365で実現しました。便利なOffice 365にOneLoginを"プラス"することで、より安全かつ快適にご利用いただけます。

 

★Desktop SSOが簡単に設定できるようになりました!

 Desktop SSOをご利用いただく際の設定項目が大幅に減りました。以前はWindows ServerのIIS機能を利用していましたが、現在ではADC(Active Directory Connector)と呼ばれるアプリをサーバーにインストールするだけで、サーバー側の設定が完了します。

 

★日本のクラウドサービスにより多く対応しました!

 ペンティオは、日本のクラウドサービスへのSSOサポートを拡充しました。2015年は次のアプリケーションをコネクター化しました。(一部抜粋)

  • Questetra
  • X-point
  • Cybozu.com
  • desknet's NEO
  • typetalk

 

★OneLogin Mobile Appがリニューアル

 OneLoginはOneLogin Mobile Appを全面リニューアルしました。iPad,iPhone,AndroidなどでもOneLoginを快適にご利用いただけるようになりました。

 

★OneLogin RADIUSの機能強化

 OneLoginのユーザーレポジトリをRADIUSサーバーとして使用するRADIUS機能が強化され、認証スキームにEAP-TTLS/PAPが追加されました。また、OTPによる二段階認証にも対応し、いままでよりも安全にRADIUSサーバーとしてご利用いただけるようになりました。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント