【対応期限:2021/08/16】重要/要対応: 証明書認証「Device Trust」旧認証局完全廃止に伴う証明書更新のお願い


ヘルプセンターHelpCenter

フォローする

2018年7月1日 - OneLogin Desktop v3 for macOS リリース情報

2018年7月1日

OneLoginから2018年4月にOneLogin Desktop 3.0 for Macがリリースされました。

このページでは、新しくリリースされたOneLogin Desktop 3.0 for Macの概要と、2からの変更点をご案内致します。

 

目次:

■ OneLogin Desktop 3.0 for Mac概要

1. OneLogin Desktop 3.0 for Mac概要

2. 新機能  AppとSilent Installerについて

3. 【管理者向け】OneLogin Desktop 利用設定

 

1. OneLogin Desktop 3.0 for Mac概要

 

 OneLogin Desktopとは、OneLoginアカウント(ユーザー名とパスワード)を利用して端末にログインできる機能です。一度OneLoginアカウントで端末にログインした後は、ブラウザで再度ログインすることなくOneLoginポータルも利用することができます。

3.0から、新機能としてTray AppとSilent Installerが追加され、アンインストーラーによるアンインストールに対応しました。以下は、version2との機能比較表です。

 

〜 OneLogin Desktop 2.0と3.0の機能比較表 〜

Desktop3function.png

 

対応OSやご利用環境、インストールの詳しい手順については、OneLogin Desktop 3.0 Full for Macインストールガイドをご覧ください。

 

2. 新機能  Tray AppとSilent Installerについて

【Tray App】

Tray Appとは、OneLogin Desktop version3 をインストールした端末で利用できるアプリケーションです。

端末のデスクトップ右上にアイコンが表示されます。

このアイコンをクリックして「Generate certificate」をクリックすると、ユーザー自身が証明書を生成することができます。

__________2018-06-14_21.29.47.png

 

【Silent Installer】

サードパーティーMDMソリューションを利用して、Silent Installerスクリプトを走らせることで、OneLogin Desktopのパッケージファイルをユーザーの端末に入れることができます。

これにより、管理者はOneLogin Desktopを遠隔でインストールすることもでき、ユーザー自身は操作することなく利用することができるようになります。

 

 

3. 【管理者向け】 OneLogin Desktop 利用設定

3-1. OneLoginに管理者でログインします。

3-2. Devices > OneLogin Desktopを開き、Macのタブを表示します。

__________2018-06-15_10.02.21.png

3-3. ①Enable OneLogin Desktop Service For Macのトグルをクリックし、表示が緑に変われば設定完了です。

3-4. ③Enable DownloadをONにすると、ユーザー自身がプロフィールページからインストーラーをダウンロードすることができるようになります。

3-5. (オプション設定)Users > Policiesから、OneLogin Desktopを利用するユーザーが使用するポリシーを選択します。

__________2018-06-14_22.05.34.png

ポリシー設定で、Sign Inタブ > Trusted Devices > 「Don't require browser login for trusted devices」にチェックを入れると、端末ログイン後にブラウザでOneLoginへのログインを不要にする設定ができます。

 

注釈:OneLogin Desktop for Mac version3の正式名称は、「OneLogin Desktop 3.0 Full for Mac」です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント